ローマでオペラを観よう

イタリア旅行情報

こんにちは、ぴーたろうです。

今回は観光と同時に、イタリアに来た際は是非体験していただきたいオペラについてです。

 

 

チケット予約方法に関してはこちらの記事を、

ローマオペラ座のチケットを予約しよう

座席に関しての説明とオススメはこちらをご覧ください。

オペラ座席選びのすすめ

 

 

オペラとは

イタリアと言えばオペラです。

そもそもオペラとは劇と歌、そして音楽によって構成される芸術の1つです。日本では歌劇とも呼ばれています。

Operaとはイタリア語で、オペラそのものを指してはいますが、言葉そのものは事業や作品といった意味の言葉です。『Opera musicale(音楽作品)』が縮まったものだそうです。

オペラ発祥の地とされるイタリアでは、ある程度の規模の都市であれば劇場を有しています。ただ、上演頻度に差はありますので、前もって公演日を調べておくのが良いでしょう。

ちなみにシーズンは9月から6月辺りですが、劇場によって多少の差はあります。夏場は野外公演があったりします。

 

ローマのオペラ座

 

僕が現在住んでいるローマでオペラを観るのであれば、Teato dell’opera になるでしょう。日本語ではオペラ座、またはローマ歌劇場などと呼ばれます。

ここは、ローマの中心駅、テルミニ駅近くにある劇場です。シーズン中は、オペラとバレエが交互に公演されます。

長い作品で連続して2週間、短い作品であれば1週間程度同じ作品を公演します。ただ公演期間中に毎日やるわけではなく、週に5回程度の公演をしています。

その後2週間ほど公演をせず期間を空けて次の作品に移ります。そのため公演のない日もありますので、観劇をしたい場合はあらかじめ日程を確認しましょう。

 

劇場情報

 

1 Piazza Beniamino Gigli

名称:Teatro dell’Opera

住所:1 Piazza Beniamino Gigli, 00184 Roma (※)

公式サイト:https://www.operaroma.it

 

※日本と表記が逆なので、ローマ市ベニャミーノジーリ広場1番ということになります。ちなみにベニャミーノ・ジーリは20世紀の歌手の名前です。興味のある方は聴いてみてください。

 

チケット

 

チケット購入方法は2種類。ボックスオフィスで直接購入するか、公式サイトで購入するかです。

ボックスオフィスは、オペラ座正面口に入って、すぐ右側にあります。

 

どちらも値段は変わりなく、席も選べますが、良い席を取るためには公演の数ヶ月前に購入しないといけないので、在住者以外は公式サイトをお勧めします。

価格は大体€20〜150です。公演によって価格は変わり、バレエの方が同じ席でも、オペラより少しだけ価格が低いです。

また席にあまりがある場合は、バルコニー席とガッレリア席(上の方の安価な席)に限り、公演1時間前から25%オフで購入できます。販売しない日も結構あるので、旅行者にはお勧めしません。

 

 

ちなみにボックスオフィス営業時間は月〜土曜日10:00〜18:00、日曜日 9:00〜13:30です。

 

 

オペラに行く際は

ドレスコード

厳密に決まっているわけではありませんが、きちんとした格好の方が多いので、カジュアルすぎると浮くかもしれません。特に地上階は、スーツやドレス方が多いです。最上階の席にはデニムやスニーカーも見かけます。

男性は襟付きのシャツ、女性はシックなワンピースなどでしょうか。上の方の席ならオフィスカジュアルぐらいで、地上階を利用するのであればスーツやパーティドレスあたりでしょうか。

なによりせっかくの機会なので、着飾ってテンションが上げ、特別な思い出にしましょう。

席が広くはないので、カバンはクラッチバッグぐらいが良いです。もちろんクロークはあります。

あと女性の方はハイヒールは避けた方が良いです。ローマはヒールで歩けないような道が多いので、行き帰りに大変な目にあいます。タクシーでしか移動しない方は大丈夫です。

 

作品について下調べしよう

下調べなしで行って、雰囲気だけ楽しむのも良いかもしれませんが、作品に関して知っておくとより楽しめるでしょう。ウィキペディアに、大体の作品のあらすじがありますので、それで十分です。

ちなみに公演中は舞台上部の電光掲示板(?)に、英語とイタリア語の字幕が表示されます。しばしば歌や演技には僅かながらの時差があります。たまに字幕を見てみるぐらいで、基本的に舞台に集中するのがいいでしょう。

 

公演時間

作品自体は、2時間から3時間ぐらいのものが多いです。あいだに1度か2度の休憩を挟みますので、トータルで3時間。長いものであれば終演まで4時間かかります。

20時開演が多いため、大体の日が23時以降に帰路につくことになります。劇場から遠くに宿を取ってる場合は、日曜が16時から17時に開演することが多いのでおススメです。

ロビーにその日のスケジュールが掲示してあるので、休憩時間や終演時間をチェックしましょう。ただ、ローマに来てから全ての作品を観に行ってますが、どの日もスケジュールより遅れての進行でした。

上記の画像は今までで1番終演が遅かった作品で、終わったのが24時でした、、、、

 

 

 

 

 

いかがでしたか?せっかく本場の国に来たのだから、オペラ鑑賞に行くことをお勧めします。オシャレして劇場に足を運びましょう。

それではまた。

Ciao,arrivederci!

ぴーたろう

 

 

コメント