ビザ取得は書類準備が肝心!

ビザ
こんにちは、ぴーたろうです。前回はビザに関して説明をしました。 今回は書類を準備しましょう。

こんにちは、ぴーたろうです。前回はビザに関して説明をしました。今回は書類を準備していきましょう。

前回記事はこちら

 

イタリアビザ取得書類準備

ここにほぼ全てがかかっています。指定された書類を不備なく準備すれば、ヘタなことさえしなければビザは難なく取得可能です。まぁ書類準備が一番面倒なんですけどね!

 

取得するビザによって必要書類が変わってきますし、イタリア大使館か領事館によっても多少必要書類が変わってきます。

なのでここに記しているのは、東京のイタリア大使館で語学留学者のためのビザに関してです。

ただ、就学ビザであればどれも基本的な書類がまずあって、そこにプラスアルファで別の書類が必要になってくるので、参考にはしていただけます。

 

 

ビザ申請書類リスト(とその説明)

1.長期(91日以上)Dタイプのビザ申請用紙

大使館、又は領事館のサイトからダウンロードできます。

大使館

領事館

英語、又はイタリア語で記載する必要あり。書き方見本などがなく、悩みながら書きました。後日書き方の注意点ををアップします。

2.近影カラー証明写真1枚

35mm×45mmで背景は白です。僕は家の壁が白かったので、家の壁を背景に撮り、コンビニでプリントしました。その方が証明写真機より安いのです。

今回のビザ申請以外に、イタリアでの手続きや、そのほか国際免許取得時に証明写真は必要なので1枚スマートフォンに専用のデータがあると大変便利ですし、コンビニプリントだと経済的です。

証明写真代、積もると意外に高く付くんですよね。あと自分で写真を撮ると修正できます(笑)

僕ですか?フォトショで修正しましたよ!怪しまれない範囲で。

 

3.パスポート

パスポートそのものを提出しなければなりません。

帰国予定日より3ヶ月以上の有効期限と、未使用のページが2ページ必要です。失効一年前からの更新や、査証ページを増やすことをお忘れなく!

 

4.パスポートのメインページのコピー

こっちはコピーです。顔写真の載ってあるページです。白黒で大丈夫でした。

 

5.直近の住民票

日本国籍所有者は日本の住民票が必要です。直近とは1週間と書いてありましたが、申請をサポートしてくれた方曰く、そんなに前じゃなくても大丈夫だそうです。僕は発行忘れのために当日急いで取りに行きました、、、

 

6.住居に関する書類

これはイタリアの住居に関してです。賃貸契約書、寮の入居証明、ホームステイ先からの受け入れ承諾書など。

必要記載事項は、貸主の電話番号とメールアドレスです。直筆のサインをしてもらいましょう。

住居先と直接やり取りをして送って貰うか、学校からの紹介であれば、入学証明書などと共に送られてくる可能性が高いです。

 

7.留学資金に関する証明書

過去6ヶ月の安定した資産状況が確認できる通帳とそのコピーが必要です。

また親の資金の場合は、所定の保証書、実印登録証明書、親のパスポートのコピーが併せて必要です。

奨学金の場合は奨学金発給証明書が必要です。

また、直前に親族などから自分の口座に留学資金を入れて貰うと、どうしたんだこの金は、と尋ねられる場合があります。早めから振り込んでもらい、ツッコミの隙をなくしましょう。

 

8.入学許可証

授業内容、レベル、授業時間数、期間が明記されてるもの。レターヘッドに印刷された校長の署名がある正式なもの。

入学金を振り込んだ後に、学校から送られてきます。

原本とコピーしたもの両方を持っていきましょう。これに関わらず、用意した書類は基本的にコピーしておきましょう。提出したはずが、していないと大使館側に言われても、予備を持っていれば言い返せます。大事です、言い返す勇気とその材料。

 

9.教育監督局から教育機関として認可されていることがわかる書類・経営母体の登記簿謄本

教育監督局、州などに認可されている学校でない限り留学できません。

僕が通っている学校は、イタリア教育省公認校です。学校案内の冊子などにも明記されてます。結構な書類の束になって届きました。

 

10.学校への支払いが完了していることを示す書類

学校への支払い後、入学許可証などと共に郵送されてきます。

僕の場合は、入学許可証・支払い完了の書類・住居に関する書類がまとめて1枚で届きました。そういうこともあるようです。わからない場合は学校へ問い合わせましょう。

 

11.海外傷害保険の契約書

滞在の全期間をカバーする、医療費の項目が無制限の保険の契約書とそのコピーです。

ただ、医療費無制限の保険は、高い金額(、例えば半年で20万とか)になるものか、そもそも保険会社によっては用意されてなかったりします。

海外傷害保険に関しては別の記事で言及しますが、無制限でなくても大丈夫でした。

 

12.申請料

書類ではないですが、大使館サイトのチェックリストに記載があったので書いておきます。が!

実は申請料、今現在求められません。(2018年9月の時点で。)

それまでは8,000円ほど必要だったようです。日本人の就学ビザに関しては免除されるようになったとのこと。

大使館サイトには未だに、申請料が必要だと書いてあります、、、、、、いい加減だなぁもう。

日本国籍以外の方々は、今も窓口で7,900円支払いを命じられていました。

 

 

 

ビザ申請書類準備の大事さ

いかがでしたか?僕は語学学校留学での申請でしたが、結構な数の書類が入ります。どのビザを取得するか、大使館か領事館で申請するかに寄って必要書類は変わりますが、共通するものも多々あります。

また記載外の書類を求められることもあります。これに関しては別記事に記載します。

 

書類準備がビザ取得へのもっとも大きな一歩となります。大変ですが頑張りましょう!

次回は実際のビザ申請に関してです。

 

 

Ciao,arrivederci!

ぴーたろう

 

 

コメント