夜の伏見稲荷大社に行ってきました

国内旅行情報

こんにちは、ぴーたろうです。

前から夜の伏見稲荷大社に行ってみたかったので、伏見稲荷大社自体初めてですが、行ってきました。

その為に近所のホテルも取ったので、どれだけ遅くなっても大丈夫なようにしました。

徒歩圏内でいけるホテルのレポはこちらからどうぞ。

翌日の昼に登った話はこちら。

 

意外と人がいました

この写真には写っていませんが、本殿周りには意外と人がいました。行ったのは23時ごろでした。

ただ、翌日行った昼間とはやっぱり人の多さが全然違います。まぁそれは当然ですが(笑)

昼間は人が多すぎて、あまり落ち着いて参拝できないですし、人が多いと神聖な空気も感じ辛いんですよね。夜は落ち着いて回れます。

 

お狐様にもご挨拶をしてから、千本鳥居へ向かいます。

ただ、この鳥居を過ぎたあたりから、全く人がいなくなります。

 

夜の千本鳥居は筆舌に尽くしがたい、、、

目的の千本鳥居に到着しました。

これです、味わいたかったもの。思い出すともう一度行きたくなります

異世界です。この辺まで来ると、さっきまでちらほらいた人がいません。等間隔で灯りがあるので、懐中電灯はいりませんが。暗いので足元に注意です。

奥に進むことが躊躇われそうになったり、

曲がると異世界に迷い込んでしまいそうでした。

 

イノシシ注意

千本鳥居を歩いていると、なにやらガサガサと音が聞こえます。

ライトを当てるとイノシシでした。しかも群れで、5〜10頭ぐらいいました。

暗くて写真には写すことができませんでしたが、なにかを食べているようでした。ドングリでしょうか。翌昼に行った時は影すら見かけませんでした、昼間はどこにいるのでしょうか。

イノシシを背にして歩くのは少し怖かったです(笑)追っかけてくるんじゃないかと気が気でなかったです。

境内には猫もいました。これも昼間は見かけなかったなぁ。

 

登頂まで行けず

 

 

この案内図で真ん中の方。千本鳥居を過ぎた、奥社奉拝所から先はロードコーンが立っており、先に行けなくなってました。

上に行くルートはいくつかあるのですが、ある程度の地点からはどこも通行止になっていました。

昼間はコーンが全て撤去されていたので、夜だけですね。夜の通行止めが常時なのか、その前の台風の影響なのかはわかりませんが、2018年9月の時点では夜は奥社参拝所までしか行けません。

 

ただ、翌日登頂まで登ったんですが、たとえコーンがなくても夜に一番上まで行くのは結構危ないかなぁと思います。ロードコーンの先は電灯が付いているかも分からないですし、イノシシの件もあるので。もし行くなら、懐中電灯必須です。iphoneやスマホのライトだと心もとないです。

 

結果おすすめです

結果登頂までは行くことが叶いませんでしたが、夜の伏見稲荷大社すごくおすすめです。

人がいない中でゆったりすることができますし、夜ならではの神秘的な雰囲気が楽しめます。

本殿近辺、参拝もゆっくりできます。

 

こんな素敵な写真が撮れるのも、夜だけです。

 

最後にお狐様にもう一度ご挨拶をして帰りました。

皆さまも夜の伏見稲荷大社に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

Ciao,arrivederci!

ぴーたろう

 

 

 

 

コメント