初めてのコードシェア便とそのミス(その2)

海外旅行情報

こんにちは、ぴーたろうです。

今回は前回に引き続き、僕の初めてのコードシェア便でのミスをシェアします。

前回の記事、その1はこちら。

 

途中で荷物を受け取る羽目になった

前回に続いて荷物関連です。最早コードシェアでの落とし穴は、ほぼ荷物にあると言っていいのではないのでしょうか。

同じ航空会社間の乗り換えでは、受託手荷物は一度預けたら、最終到着地まで預けっぱなしが基本ですが、コードシェア便の場合どうなるのか。

 

僕は今回、関空→上海→アムステルダム→ローマと乗り換えが多いプランでした。航空券は全て中国南方航空で予約をしたのですが、上海〜ローマは、オランダ航空とのコードシェア便で、実際の運航会社はオランダ航空です。

荷物を一度受け取る可能性に関して、予約前に聞くのを忘れてしまいました。ですので出発1週間前、僕が衝撃的事実を突きつけられたときに合わせて聞きました。

返答としては、関空で預けた後は、預けたままローマまで行けるとのことでした。

ただその後にひと言。もし関空で発行したタグに上海と書いてあった場合は、一度受け取らなければなりません。

 

そういう場合もあるんだ、、、、、でも基本対応が預けたままでいいとのことなので、少し安心してました。

しかし甘かったです。発行したタグには、ばっちり上海と書いてありました。

結局、上海の浦東空港で一度荷物を受け取りました

上海でのトランジットが8時間あり、市内観光をしたので、空港の荷物預かりカウンターに預ける羽目になりました。まぁ安かったからいいのだけれでも。

その後の上海→アムステルダム→ローマの2回のフライトは、どちらもオランダ航空による運航だったのでアムステルダムでの受け取りはありませんでした。

 

これに関しては、前もっての電話で曖昧にされたように、実際空港に行ってみない限り分からないようです。

トランジット観光をする際はもちろんですが、乗り換え時間が短いのに荷物を受け取らなければいけないということも起きかねないのでご注意ください。

 

マイルを付けそこねた

これはコードシェア便に関わらず、やってしまう可能性がりますが、シェアします。

今回使用した中国南方航空、オランダ航空はスカイチームなので、デルタのマイルが貯められます。

ただ、空港でのチェックイン時に自分のマイレージ番号を提示する必要があります。それも乗り換えのたびに。

僕はよりにもよって、一番長いフライトである、上海からアムステルダムのフライトのマイルをつけそこねたのです。

アムステルダムで気がついて、ローマ行きの便に乗り込む前に、上海〜アムステルダム分のマイルをつけてもらえないか確認を取りましたがダメでした。

これがデルタ航空の航空券であれば手続きは簡単なのですが、スカイチーム内の別の航空会社の場合手続きが面倒なのです。

期限が9ヶ月以内なので、日本に帰国した際に手続きをします(つまりはまだ手続きしていません)。お気をつけください。

 

コードシェア便の注意事項まとめ

◎受託手荷物に関して、どの航空会社の規定に自分が当てはまるのか、早めに確認しましょう。

◎乗り換えの際に荷物を一度受け取らなければならない可能性があります。搭乗前に空港でしっかり確認しましょう。

◎マイルを乗り換えの度につけてもらうのをお忘れなく。

 

荷物に関しては前もって確認しておかないと、旅行の計画が狂ってしまう可能性があります。マイレージに関しては、つけ忘れた後の手続きが面倒です。そしてどちらもテンションが下がってしまいます。

旅行、留学など折角のイベントに水を差さない為にも、上記の点に注意してコードシェアを利用しましょう。

 

それではまた。

Ciao,arrivederci!

ぴーたろう

 

 

コメント