バチカン美術館に行こう(其の一)

イタリア旅行情報

こんにちは、ぴーたろうです。

ローマ最大の美術館、バチカン美術館。ローマ観光をするのであれば、避けては通れない観光地です。

ローマでひとつだけ美術館に行くとしたら、迷わずこちらの美術館をお勧めします。

こちらの美術館は、全ての展示室を回ると全長7キロにも及びます。入場の仕方や館内のルールなど、あらかじめ知っておいた方が良いこともありますので、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

入館時

入り口の場所に注意

入館時ですが、サン・ピエトロ大聖堂に向かう場合は、バチカン市国の正面から入場します。

しかし美術館に入る場合は、城壁の外側に専用の出入り口があるので注意が必要です。

バチカン敷地内を城壁が囲んでいますので、通常こちらの二箇所以外から入ることはないと思います。メトロを使用する場合は、B線のOttaviano(オッタヴィアーノ)が最寄駅です。

 

待機列と入場の仕方

美術館の入場待ち列がある場合は城壁に沿って並びます。予約が済んでいる場合は入り口の方に予約者用の列があります。

週末や夏季シーズンは可能な限り予約をお勧めします。

入り口には空港と同程度のセキュリティゲートがあり、荷物も下ろしてスキャンに通さなければなりません。

 

予約をしている場合、ゲートを抜けてすぐ左の『cassa』と書かれたところで、バウチャーをチケットに交換する必要があります。

当日券を購入する場合は、そのまま正面を上がった先にある、窓口で購入します。

 

 

館内の回り方

ルート

バチカン美術館は決まったルートはありませんが、一度進んでしまうと後戻りできない場所があります。

特にシスティーナ大聖堂から出ると、その道から元には戻れませんので注意をしてください。戻りたい場合は、ルートを最後まで進むと入り口付近に戻るので、そこからまた一周し直すしかありません。

あまり知られてませんが、システィーナ大聖堂からサン・ピエトロ大聖堂に抜ける道もあります。こちらは一度進むと、美術館内に戻ることができませんのでなお注意が必要です。また後述のオーディオガイドを借りる際に、パスポートをデポジット代わりに預けた場合はそこから退館しないほうが良いでしょう。

 

チケットオフィスには、日本語ではないですが館内ルート図があります。地図というほどのものでは全くないですが。どの順序でなんのコーナーがあるかぐらいはわかります。

公式サイトでも閲覧が可能ですし、予約をした際もPDFが送られてきます。

公式サイトの地図はこちらから

 

 

オーディオガイド

全ての作品を網羅しているわけではないですが、あるとないでは大違いです。使用することを強くお勧めします。

1台につき8ユーロですが、充分その価値はあります。

ネットでデポジットがわりにパスポートを預けたとの情報がありますが、僕が利用した際はありませんでした。また別の日に友人が借りるときに付き添ったんですが、その時も要求されていませんでした。とはいえ対応はその時によって変わる可能性があるので、注意が必要です。

 

ちなみに、このオーディオガイドは対応する作品番号や地図の番号を押した後、電話のように耳に当て解説をききます。イヤホンは付いていないので、有線のものを持参することを強くお勧めします。僕は持っていなかったので、数時間耳に当てた状態で解説を聞くのはひどく疲れました、、、

 

 

其の二に続く

 

コメント